<< 心とは己の器なり | main | UBUNTU ウブントゥ 深い絆 >>

スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


真の強さ

 
おはようございます。

ここのところ寒い日が続くけど、元気ですか!!

いつもありがとう♪

成人式の練習とかに忙しいことと思います。

みんな風邪とかに気をつけてくださいね。


では今日もすごい人を紹介しちゃいます。



まずはこの方


『シュートボクシングを通して世界平和と日本の精神文化を伝える男』

日本発祥のシュートボクシング。
その創始者であるシーザー武志は所属するジムの会長でもあり、
技術はもちろん武士道に通じる精神を養ってくれる。

その尊敬するジムの会長が病に倒れ
内弟子である自分が会社を支えなければならないという窮地に。

早朝から外回りの営業に奔走し夕方ジムに戻ってからのトレーニングは、
困難を極め周囲に心配を与えるほどフラフラだったがやるしかなかった。

その極限状態で男の中の日本魂が目を覚ました・・・

男は世界チャンピオンになった。
 
さあ・・・
S-cup2006世界王者
緒形健一様の登場です!

「死の意味付けをする人生」

少年時代は信号も自動販売機も無い海と山に囲まれた土地で育ちました。
実家は兼業農家。急勾配の段々畑。

家の手伝いで足腰は鍛えられ、自ら苦労して作った作物を食べた時、
感動と共に有難さという感謝が芽生えました。

思い返せば人生の大きな分岐点は2つあります。

1つは中学1年生の時。
親戚の兄貴が交通事故で亡くなり、人間いつか死ぬなら
好きな事に取り組まなきゃ無駄だと考えるようになり、

そこから嫌いだった勉強よりも
身体を鍛え始め漫画の影響で空手に没頭し、
高校3年生のときに雑誌でシュートボクシングを知った
僕は、熱い衝動に駆られて東京のジムの門を叩いた。

もうひとつは初めての海外選手との試合で
鼻骨を陥没骨折し即入院したときのこと。
次の試合は、眼窩底(がんかてい)骨折で即入院。
お医者さんは治ると言ったが見えるものは全て二重に見える。

そんな時お袋の癌が再発。

長男である自分は睡眠時間を削り倒れるまで働き仕送りをしていたので、
神様に「格闘技はもう辞めろ!」と言われているのかと落ち込みました。

しかしそんな時、まさに末期ガンで入院されていた会長のお母様をお見舞いに行くと、
僕の心を見透かしたお母様は力を振り絞ってベットから起き上がり

「あんた根性無いね!
人生とは、死ぬ為の準備でありその心構えをするものなんだから
男は男らしく女は女らしく精神力をしっかり強く持って生きないと駄目よ」

と叱咤してくれたんです。
突き刺さりました。

それでもう一度挑戦する事を決意。

落ち込んだことなんて、振り返れば何の意味も無かった。
止まっている時間は全て人生の無駄。
スパッと忘れて行動しなければ損。

自分はそういう先人達に対して

「あなたのお蔭でこれだけ頑張れました。ありがとう。
夢を見つけて頑張ろうと思うことができました」

と、命ある言葉に対して感謝し
意味付けをしていきたい。







そしてもうお一方



『強靭な精神力と技術でキックボクシング日本人ヘビー級のトップに君臨する男』

中卒。夢・・・特に無し。

学歴が無いと稼げないと思っていた少年は
日雇いの仕事で一生を終えるんだろうと漠然と思っていた。

そんな男がキックボクシングに出会って、驚くべき変貌を遂げる。

堅い意思で愚直に日々トレーニングを積み
筋肉も、皮膚も骨も、そして心を鍛えぬいた男は
ついに王者になった。

さあ・・・
M-1 初代ヘビー級王者
WPMF日本ヘビー級初代王者
KOICHI様の登場です!

「自分を鍛える、心を鍛える」

K-1を見るのが好きで
選手をみて、やりたいな〜と思っていたけど、怖かったのかな。
精神的にも弱かったから地元のギャングとか
そういう軍団の中に戯れてた。

20歳。ノリで地元新潟のジムに入ってみた。
嫌な事があったらすぐに辞めてやる程度の気持ちです。

先生でも、ムカつく指示とかされたら殴ってやろうと思っていた。
きっと、自分の心が弱かったからそう思っていたんだ。

キックボクシングアマチュア大会に出た時、
初出場でいきなり2位になって、初めて勝つ喜びを知った。

東京に出て本気でやると決意しました。

勢いと熱意で30万円を握り締めての上京。
弁当屋に住み込みで働き、寮は弁当屋の二階。
ゴキブリの出現頻度が高すぎる。
ひもじい・・

練習は厳しいし怪我もいっぱいするし、練習なのにアバラも鼻も折れるし。

ホームシックに加えて貧乏生活、そして、怪我。
1ヶ月で帰ろうと思った。

帰りたかったけど、夢も希望もないあの頃の自分で一生を終わりたくなかった。
強くなりたかったし、K-1の舞台で戦って有名になりたかった。

恩師ニコラスペタスさんや道場で生活をともにした外国人との出会いで
自分が少しづつ変わっていった。

20戦無敗の沖縄チャンピオンに勝ったデビュー戦から、
試合を重ね、考え方一つで行動が変えれることに気がついた。

最近のWPMF日本ヘビー級初代王者決定戦は
思ったことが現実になることを確信した試合だった。

自分が勝ちたいと思えば、自然にそっちにながれる。
負けの文字が、ちらっとでも見えたらそうなる。

どんなときもプラス思考。
そしてコンプレックスも含め自分で自分を認め、
受け止めてあげれること。

これができて人の目を気にしないようになってから
心も、体も強くなった気がします。
コンプレックスも、なくなりました。
全て、認めて受け入れると嫌じゃなくなる。

思い続ければそれが現実になる。
だからこそ、いつも良いことを
強く思い描いて、そんな現実を生きていきたいと思います。


スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday
  • -
  • 16:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

気持ちいいとか言う次元じゃないのよこれ。
なんかもう、全身泡になったっていうか・・・
貴重な体験+ギャラで、ホントイイこと尽くしだったなぁ。
http://e45j77x.gim.uerock.net/
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM