<< 大型量販店に負けない町の電器屋全国チェーン | main | 挑戦する人たち >>

スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


クリスマスの奇跡

 
メリクリ☆☆☆

元気ですか!!

いつもありがとう♪



みんな素敵なクリスマスを過ごしてね☆

では今日もすごい人しょうかいしちゃいますね!!




まずはこの方


『主の祈りの為に生涯を捧げる日本一の信徒数を誇る教会の神父』


1549年8月15日スペインからキリスト教普及の為
日本にやってきたフランシスコ・ザビエル。
 
彼のような宣教師の姿に憧れ、キリスト教の神父として
生涯を捧げる男がいる。
 
人の幸せの為に生きる、高潔な姿。
彼が神父をつとめる教会は、
日本最多の信仰者を誇る聖イグナチオ教会。
 
クリスマスイブの今日。
彼からの愛に溢れたメッセージを皆さんにお届けします。

さあ・・・ 聖イグナチオ教会
神父 ドメニコ・ヴィタリ様の登場です!


「あたたかさと平和のうちに、皆様が善き日をすごされますように」

私はイタリアの小さな田舎町の普通の家に生まれました。
家族が熱心なカトリックというわけではありませんでした。

神父になる学校に行っていた先輩にあこがれて
自分もなってみたいな、と思い中学の時に神学校にはいりました。
 
直感的なものです。
大人のように、将来設計や
なにか計算じみた気持ちで入ったわけではありません。
 
20歳でイエズス会に入りさらに修練の日々をすごしました。
黙想で自分自身と向き合い、
霊想や、哲学など
修練で多くのことを学びました。
 
そして聖願という3つの約束をしました。
イエスキリストに従順であること、
貞潔を守り抜くこと、
清貧であること。
 
その後日本でキリスト教を広めたザビエルや
マッテオ・リッチの本を読み、
日本での布教を願い日本に来ました。
 
司祭になるまでの道のりは長く様々な理由で、
私と一緒に日本に来た6人は、皆辞めてしまいました。
 
しかし辛いと思ったことはありません。

なぜなら一度、宣教師として祖国イタリアの地を離れてしまうと
国に帰ることができません。
あの寂しさに比べれば辛いことはありません。
主の為に祈ることができれば辛さはありません。
 
さて、
今日はクリスマスイブ。
 
クリスマスは命の誕生を喜び合う日です。
 
生まれた赤ちゃんを迎える日。
 
かざりやケーキも大切ですが、
幸せの道や未来があるということや
家族の大切さ、心の温かさを感じ、
新しいスタートを切る日です。
 
心から感謝し、それを伝え合いましょう。
 
いそがしく生きる現代人、
一日中携帯電話に耳を傾けて、外からの依頼や情報ばかりに気をとられていると
本当の自分を見失ってしまいます。
自分が何をしたらいいのかを考えてみましょう。
 
携帯の画面に見入って下を向いてしまうと、
空も、人の顔も見れません。
 
空を見上げてみましょう。
クリスマスの夜には天使達が空にいます。
 
皆様が、あたたかさと平和のうちに
すごしていかれますように。







そしてもうお一方


『皿洗いから120年の歴史あるホテルの総支配人になった男』


世界において
“インペリアルホテル”と称され、
外国人はもちろん、日本人に永く愛され続けているホテルが
今年開業120年を迎えた。

その120年続く、ホテルを総支配人として任された男。

世界中に賞賛され、歴史あるホテルを任される重圧は
決して並大抵のものではない。

しかし、この男は、皿洗いをしている頃から
ずっと、その夢を見続けていた。

そして、去年、夢を叶えた。

さあ・・・
定保英弥様の登場です!


「ビジョンを持とう!」

幼い頃から、父の仕事の関係で海外生活が長かった。

様々な人達と会うたびに、夢がふくらんだ。

“人と接する仕事がしたい”

そして、大学を卒業して、迷わず進んだ世界がホテル業界だった。

そして、第一希望の帝国ホテルから内定が出た。

それは、それはうれしかった。

だから、研修期間も全く辛くなかった。

皿洗いに野菜切り、米炊きに、下ごしらえ。

人と接する仕事がしたくて入ったけど、
やっている仕事は、裏方のさらに裏。

でも、自分で決めて、自分で進んだ道。

ちょうど、皿洗いをしている時、あるテレビ局から取材があった。
そして、皿洗いをしている裏方の僕に
インタビュアが質問をしてきた。

“皿洗いをしている君の夢って何?”

私は、瞬間的に答えていた。

”はい、いつか、総支配人になりたい!”

このセリフが、全国放送された。
研修中の一言。
笑っていた人もいたかもしれない。
でも、言うのは自由だ。

その後も半年ごとに上司に提出する
自己申告シートにもやりたいことを書き続けた。

国内営業。
海外での営業。
宿泊部への異動。

やりたいことは一貫性をもって、
実現するまで書き続けた。

そして、去年、総支配人になった。

テレビにハニカミながら
言ったコトバが実現した瞬間だった。

私には夢がある。

開業120年を迎えた
帝国ホテルを世界一のホテルにする!

当たり前のことを
ただ、ひたすらやっていく。
その先にビジョンが叶う瞬間は
絶対に、訪れることでしょう!

スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday
  • -
  • 12:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

マグロだけですよ?!ベッドで寝てただけなんですよ!?
ただそれだけで、6万いただいちゃったんですけど…ww
http://y54a1v-.tee.navitime.me/
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM